精神科の薬の量


精神科の薬の量の話 ネット特集

☆あなたの抗精神病薬の量は?
統合失調症の薬の量をCP換算(クロルプロマジン換算)してみてください。
▼下図をクリック

薬についての多くの医師等の意見を知りたい方>(「こころの元気+」バックナンバーからの転載ですので、掲載時の情報であることにご注意下さい)→『こころの元気+』とは

抗精神病薬の減薬(医師)
うつ病・統合失調症薬の副作用イラスト集(医師)
抗不安薬・睡眠薬の適正な使用(医師)
抗うつ薬の適正な使用(医師)
抗精神病薬の適正な使用(医師)
気分安定薬の適正な使用(医師)
薬の処方のあり方の変化(専門職)
単剤低用量のススメ(医師)
多剤大量処方を適剤適量処方に(医師)
主治医と協同作業で薬を減らす(医師)
薬物療法とじょうずにつきあう(医師)

 

2018年11月号(141号)から「こころの元気+」で連載

わかりやすい「統合失調症薬物治療ガイドライン」
日本神経精神薬理学会で「統合失調症薬物治療ガイド」を書かれた8人の精神科医が、専門家向けの「統合失調症薬物治療ガイドライン」をわかりやすく解説。 ※くわしくは→コチラへ

 

薬の量について説明をDVDで見たい方へ
「こころの元気+」での 薬の量についての連載をしていた「さじかげんよいかげん」の著者、渡邉博幸先生のDVDです。

 DVD「あなたの生活を変えるちょうどよい薬の量のはなし」注文はこちら


他にも、いろいろな治療についての文を読みたい方
→こちらをクリック