こんぼ亭月例会


「こんぼ亭月例会」は、NPO法人コンボ主催のわかりやすいメンタルヘルス講座シリーズです。
毎回、最新のトピックを選んで、お届けします。こんぼ亭「亭主」伊藤順一郎(NPO法人コンボ共同代表)などが、毎回多彩なお客様をお迎えします。


◆平成30/2018年◆


第52回月例会 2018年 10月27日(土)
「親なき後に備える-生活編-地域で暮らす生活力を高める」

  親なき後に備えるために、何をすればよいのでしょうか
 確実に言えることは、「親なき後のことは今の問題」として動き始めること、そして、本人が地域で暮らす生活力を高めておくということです。
 この講演会では、当事者・家族の人達がそれぞれの立場から具体的な体験と知恵をお伝えします。親の立場の岡田さんは、本人とのほどよい距離をとることや、地域で暮らす力をどのように支援することができるのか、ということをお伝えします。

  本人の立場の佐々木さんと宇田川さんは、地域で暮らす生活力の高め方についてお伝えします。いろいろなヒントをもらうことができ、自分にもできること、今しておいたほうがよいことなどがわかり、行動を始めるきっかけになることでしょう。

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
〇詳細はこちらから
〇チラシはこちら(裏面に申込書付)
〇WEB申込 → https://peatix.com/event/411649
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

【日時】2018年10月27日(土) 13:00~15:30 (12:30開場)
※30分ほど延長することがあります。

【会場】荏原文化センター ホール
(東京都品川区中延1-9-15)
・最寄駅:東急池上線 荏原中延(えばらなかのぶ)駅より徒歩5分

【参加費】
事前申込 3,000円 コンボ賛助会員の方は2,000円
当日申込 3,500円(当日は賛助会員の方も同じ参加費になります)
※賛助会員のお申込はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第53回月例会 2018年 11月17日(土)
「あなたの価値観を大切にする統合失調症の新しい理解と支援」

これまでの統合失調症の理解と治療は、症状が陽性症状、陰性症状、認知機能障害に大別され、陽性症状は抗ドーパミン作用をもつ薬物療法が有効な場合が多いものの、陰性症状・認知機能障害に対する心理社会的リハビリテーションは現時点では効果は限定的という視点から取り組まれてきました。

私たちはこの視点を転換し、人が、どのように一人ひとりの長期的な人生の行動をみずから突き動かし、ウェル・ビーイング(幸福)を目指しているのか、という問いに立ち返り、統合失調症の理解と支援に取り組んでいます。

日々の生活を送り、それが年単位に積み重なると人生になるわけですが、こうした行動をその人らしい方向に能動的に突き動かすものは何でしょうか?
私たちはそれを価値と呼んでいます。

また、この価値はどのように形成されるのでしょうか?
親から子へ継承される価値から、仲間や社会との交流の中でそれが本人の中に内在化され、みずからのものになっていく主体としての価値への転換はいつ起こるのでしょうか?
私たちはその転換が起こる重要なライフステージが思春期であると考えています。

このように考えると、症状と見えていたものを問い直したり、今注目されているリカバリーなどさまざまな理解・支援のための概念や手法をよりよくしていく上で、当事者・ご家族と専門家、あるいは専門家同士の対話が深まり共同創造が生まれるのではないかと思います。

今回のこんぼ亭では、統合失調症に対する見方が以前と変化しているなかで、あなたの価値観を大切にする新しい統合失調症の理解と支援についてお話しいたします。

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
〇詳細はこちらから 
〇チラシはこちら(裏面に申込書付)
〇WEB申込https://peatix.com/event/433738
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

【日時】2018年11月17日(土)  13:00~16:00  (12:30開場)
※30分ほど延長することがあります。

【会場】行徳文化ホールI&I ホール
(千葉県市川市末広1-1-48)
・最寄駅:東京メトロ東西線行徳駅より徒歩5分

【参加費】
事前申込 3,000円 コンボ賛助会員の方は2,000円
当日申込 3,500円(当日は賛助会員の方も同じ参加費になります)
賛助会員のお申込はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第54回月例会 2018年 12月8日(土)
「自分・家族・支援者も! だれでもリカバリーできる!」

リカバリーってみんな言うけれど、自分にはムリ! そう思っていませんか?

そんなことはありません! だれでもリカバリーできます。たとえば、リカバリーの大事な要素に、「自分のことは自分で決めて自分で責任をとる」ということがあります。なんとなく当たり前のような気がしますが、現在の精神医療の中では、自分がいないところで自分のことを決められてしまうということがまだまだ起きています。自分のことを自分で決めていくにはどうしたらいいのか、支援者さんにどう伝えたらいいのかを考えていくことで、少しすつリ力パリーが現実のものになっていくんです。

今回のこんぽ亭では、だれでもリカバリーできるし、そうすると医療や福祉が変わっていくということをお伝えします。

リカバリー志向の精神医療になると何が変わるの?
●医師-患者の関係から、人として互いを認め合う関係性が土台になる
●誰もがリカバリーできるという考え方が当たり前になる
●個々の希望や持っている力を尊重する
●症状の改善岳でなく、本人が考える生活の質の向上やリカバリーに基づいた成果に焦点が当たる
●すべてのレベルの決定に当事者が参加する
●挑戦や失敗する過程に支援が存在する

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
詳細はこちらから
チラシはこちら
申込用紙はこちら
WEB申込https://peatix.com/event/437782
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

【日時】2018年12月8日(土)  13:00~15:30  (12:30開場)
※30分ほど延長することがあります。

【会場】 森下文化センター 多目的ホール (東京都江東区森下3-12-17)
最寄駅 : 東京メトロ半蔵門線 清澄白河より徒歩8分
都営地下鉄新宿線森下駅より徒歩8分

【参加費】
事前申込 3,000円 コンボ賛助会員の方は2,000円
当日申込 3,500円(当日は賛助会員の方も同じ参加費になります)
賛助会員のお申込はこちら

 

◆これまでのこんぼ亭◆
アーカイブはこちら