こんなときどうする? 私の打ち手


「こころの元気+」の特集と連載
「こころの元気+」
   →「こころの元気+」(賛助会員)の申込方法


「こころの元気+」連載
こんなときどうする? 私の打ち手

『こころの元気+』では183号まで、双極性障害(躁うつ病)の打ち手(工夫)について連載していました。
この連載では、双極性障害の方々はもちろん、統合失調症やうつ病など、他の精神疾患の方々も含め、毎回日常生活や病気とのつきあい方での具体的な方法であるその方の「打ち手」をご紹介していただきます。様々な方のリレー形式の連載です。

※くわしい内容は各号の電子版をご覧ください→コチラ


▼連載のタイトル

▽2022年

11月号(189号)第6回:「いい感じの自分」で暮らすコツ/病気をどうやって受け入れたか?/テディベアさん(奈良県)

10月号(188号)第5回:人間関係が壊れたときの対処方法/主治医とのつきあい方/横浜市N・Nさん(神奈川県)

9月号(187号)第4回:自分の受け入れ方/症状がきついとき、どうしているか/石井麻由可さん(茨城県)

8月号(186号)第3回:自分が心地よい状況をキープするコツ/人間関係が壊れたときの対処方法/へいしろうさん(東京都)

7月号(185号)2回:恋愛や結婚についての工夫/役割がなくてつらい/とおんさん(千葉県)

6月号(184号)第1回:働けなくなったときの工夫/病気と主体的につき合うコツ/TAKさん(愛媛県) (初回は全文公開)