2020年11月号 働くことってどうなってるの?(165号)


「こころの元気+」は、コンボ賛助会員の方に毎月15日頃をめどにお届けする会員誌のメンタルヘルスマガジンです。毎月テーマが変わる特集の部分と同じテーマで続く連載の部分でできています(特集と連載とは?
「こころの元気+」とは?

※毎月申し込む(賛助会員になりたい方は)


2020年11月号 特集 「働くことってどうなってるの?」

新型コロナウイルスの影響で、働く現場の様子は一変してしまいました。働き方や雇用の状況も変わってしまいました。そうしたなかで、障害者雇用はどうなっているのでしょうか?
―障害者雇用をめぐる現在の状況(雇用をめぐる現状、支援の現状、働く現場の変化、制度などを巡る新しい動きなど)はいろいろな混乱があると思いますが、今現在、見えてきていることを伝えておきたいと思います。
また、そうした状況の変化に伴いこれからの障害者雇用は変わるのか、変わらないのか? など、これからの状況についても考えてみたいと思います。

※今月号の表紙は、第15回精神障害者自立支援活動賞(リカバリー活動賞
支援者部門を受賞した(株)MARSの皆さんです →くわしくはこちら

〔▽特集の目次〕

特集1:まんが 介護現場のコロナ事情 /Apiyo

特集2:コロナ問題以降の精神障害者雇用の現状/倉知延章(九州産業大学)

特集3: 働く現状アンケート/ネット調査
新型コロナの問題が起こってからの
Q1:自分の就労の現状、Q2:求人数、Q3:就労支援、Q4:面接、Q5:就活、Q6:働く現場の状況、Q8:就労継続支援事業所の変化、Q9:就労継続支援事業所に通う自分の変化

特集4:コロナの影響とこれからの障害者雇用/金塚たかし(NPO法人大阪障害者就労支援ネットワーク 総括施設長)

特集5:コロナで仕事の現場がどう変わったか/投稿

特集6:まんが おっとソーシャルディスタンス/らいむ

特集7:今、働けない、就活できない/投稿

特集8:就労支援の現場から/ 大島みどり(ユースキャリアセンターフラッグ)・林輝男(社会医療法人清和会西川病院)・阿部慎哉 (沖縄県南部地区障害者就業・生活支援センター ブリッジセンター長 作業療法士)

 

〔▽主な連載の目次〕  ※連載について→コチラ

生活ファーストで行こう! いい感じで薬とつきあう/第11回  家族として薬をどう考えるか/岡田久実子(さいたま市もくせい家族会)
双極性障害 私の打ち手第7回   躁のとき、うつのときに働くための打ち手・「いい感じの自分」で暮らすための打ち手/ もりくん(北海道)
○べてるの家の当事者研究/第163「トラウマ彼女の当事者研究」/木―マンこと清水浩子
いろいろ応用できる認知療法をじょうずに使ってみませんか 第136   働き方の転換大野裕(一般社団法人 認知行動療法研修開発センター理事長)
○おこまりですか? では他の人に聞いてみましょう!/vol.165      ベンゾジアゼピンについて投稿
つっちーのショーガイ学習 第126回  実は私… の巻/土屋徹(オフィス夢風舎 舎長)
境界性パーソナリティー障害とつきあう第133回  トラウマインフォームドアプローチ(TIA)(2) BPDの家族支援でのTIA(2)遊佐安一郎(長谷川メンタルヘルス研究所)
○私の働く生活ストーリー!/第147  石川県金沢城・兼六園管理事務所/池田陽一さん
発達障害 空気を読まずに言いたい放題第44回 苦労より工夫のために情報の共有を!/野口あゆみ(オンラインママカフェ、~しあわせな共育を探究するコミュニティー~凸凹らぼ 運営者)
まんが:発達途上家族 みんなでこぼこ第16回 急にがんばると…の巻/ぼうえんぎょ
○ちょっとオススメ/『統合失調症日記2冊目』/小林エリコ
リカバリーと共に時代を変える フォーラム分科会第9回 アンチスティグマとリカバリー/ 宇田川健(認定NPO法人コンボ)
家族のストーリー 第74回  さまざまなことを乗り越えて/ 吉野春江(母親)埼玉県 NPO法人チャイルド・ギフト
まんがリンクNO.44 ボコボコ経験値/ココア
家族の相談カフェ 困ったことはマスターに聞け 第82  外に飲みに出かける娘 感染や依存が心配な母親/鈴木高男
○コンボリンク/投稿
ちょっと知りたい!第69回 就労定着支援事業/高橋しのぶ(社会福祉法人多摩棕櫚亭協会 常任理事)


お申込について

※この雑誌(1冊のみ)をご希望の方は、下記メールフォームからお申し込みください
1冊600円(送料込)
■ お支払い方法:雑誌と一緒に郵便振替用紙を同封いたしますので、郵便局にてお支払いください

※メールフォームへのご記入について
■ お名前:会社や病院などの場合は、担当者の個人名までお書きください
■メールアドレス:必ずご記入ください
■題名:「バックナンバー希望」とお書きください
■メッセージ本文:①ご希望の過去の号数(例:2020年4月号希望)、②冊数、③送付先、④電話番号をご記入ください

お名前 (必須)
会社や病院などの場合は、施設名称・部署名・担当者の個人名までお書きください

メールアドレス (必須)

題名
下記には バックナンバー希望 とお書きください

メッセージ本文
下記には、①ご希望の号数(例:2017年4月号希望)、②冊数、③送付先の郵便番号とご住所、④電話番号をご記入ください。