2020年7月号 私のイエナカ生活(161号)


「こころの元気+」は、コンボ賛助会員の方に毎月15日頃をめどにお届けする会員誌のメンタルヘルスマガジンです。毎月テーマが変わる特集の部分と同じテーマで続く連載の部分でできています(特集と連載とは?
「こころの元気+」とは?

※毎月申し込む(賛助会員になりたい方は)


お知らせ17月号を読んだ皆様、ぜひ7月号全体についてのアンケートにご協力ください。
→コチラから(無記名です)

お知らせ2特集10「マインドフルネスをやってみる」のアンケートもご協力ください。
→コチラから(無記名です)

2020年7月号「私のイエナカ生活」  次回8月号は→「いじめが今でもつらいです」

春から新型コロナウイルスの影響で、外に出にくくなってしまいました。この状態が一時終わっても、その後もどうなるのかわからず、家の中で過ごす時間は今後も増えそうです。
普段外に出る機会が多い人も、そうでない人も、こんな状況は初めてですから、いろいろな不安やイライラがつのったりするでしょう。そんなとき、どうしたらよいのでしょうか?
先人や経験者の知恵などから、家の中での過ごし方について考える特集です。

〔▽特集の目次〕

特集1  まんが まんじゅう騒動/ あべしずる

特集2 家にずっとはしんどいです/投稿

特集3 イエナカ生活 アンケート/投稿
Q1:誰と生活しているか? Q2:人に会わない影響は? Q3:家族との関係は? Q4:イエナカ生活が増えたことで気持ちは? Q5:通院の変化は? Q7:工夫や取り組みは?

特集4   私のイライラ対策/投稿

特集5 イエナカ生活での気持ちのやり場 ―イライラ最大値のときにできること/安保寛明(WRAPファシリテーター、山形県立保健医療大学)

特集6 まんが 遠隔診療うけてみた/小林エリコ

特集7 家の中で過ごす状況と向き合う/割田大悟(ひきこもり当事者グループ「ひき桜」in横浜 代表)

特集8 イエナカ生活の過ごし方・楽しみ方/投稿

特集9 SNSやWebで友達やグループとつながる /金海銀之助、黒岩堅(WRAPファシリテータ)

特集10 マインドフルネスをやってみる/立石彩美(順天堂大学医療看護学部精神看護学 准教授)

〔▽主な連載の目次〕  ※連載について→コチラ

連載「つっちーのショーガイ学習」に出てくる記入用紙は →コチラ

連載「いろいろ応用できる認知療法をじょうずにつかってみませんか」に出てくるAIチャットボットは→コチラ

生活ファーストで行こう! いい感じで薬とつきあう/第7 コメディカルスタッフとのつきあい方~外来・デイケア編~ /木村尚美(ひだクリニック/日本心理教育家族教室ネットワーク認定家族心理教育インストラクター)
双極性障害 私の打ち手第3回  主治医とのつきあい方の打ち手・眠れなくても平気なときの打ち手/しばたあきこ
○べてるの家の当事者研究/第159 「いかに“幻聴さん”とうまくつきあっていくか?」の研究/平宮稔慎(地域活動支援センター夢の匠(北海道倶知安町))
いろいろ応用できる認知療法をじょうずに使ってみませんか 第132   自分を取り戻すきっかけに ~AIチャットボット大野裕(一般社団法人 認知行動療法研修開発センター理事長)
○おこまりですか? では他の人に聞いてみましょう!/vol.161      生きているのが申し訳ない投稿
つっちーのショーガイ学習 第122   今できることは の巻/土屋徹(オフィス夢風舎 舎長)
境界性パーソナリティー障害とつきあう第129  トラウマインフォームドケア(22)トラウマの理解の仕方について(11)BPDと複雑性PTSDをTICの観点から整理してみる遊佐安一郎(長谷川メンタルヘルス研究所)
○私の働く生活ストーリー!/第144   生活支援センター西/瀬戸崇史
発達障害 空気を読まずに言いたい放題第40  「当事者による、当事者のための」会社/飯野由布 (株式会社アイデアル 代表取締役)
まんが:発達途上家族 みんなでこぼこ第12 外出自粛の苦労の巻/ぼうえんぎょ
リカバリーと共に時代を変える フォーラム分科会第5   IPSがめざすリカバリー志向の働き方にむけて/大島みどり(JIPSA共同代表)
家族のストーリー 第71   思いがけない再発/もうすぐ80歳の父親Nさん(父親)
まんがリンクNO.40  へんなお猿さん。/とってもへんなおじさん
家族の相談カフェ 困ったことはマスターに聞け 第78 母親を嫌悪する娘 毎日の母娘の争いに困る父親/鈴木高男
ちょっと知りたい!第65  ソーシャルファーム/小林園子(企業組合We need)


お申込について

※この雑誌(1冊のみ)をご希望の方は、下記メールフォームからお申し込みください
1冊600円(送料込)
■ お支払い方法:雑誌と一緒に郵便振替用紙を同封いたしますので、郵便局にてお支払いください

※メールフォームへのご記入について
■ お名前:会社や病院などの場合は、担当者の個人名までお書きください
■メールアドレス:必ずご記入ください
■題名:「バックナンバー希望」とお書きください
■メッセージ本文:①ご希望の過去の号数(例:2020年4月号希望)、②冊数、③送付先、④電話番号をご記入ください

お名前 (必須)
会社や病院などの場合は、施設名称・部署名・担当者の個人名までお書きください

メールアドレス (必須)

題名
下記には バックナンバー希望 とお書きください

メッセージ本文
下記には、①ご希望の号数(例:2017年4月号希望)、②冊数、③送付先の郵便番号とご住所、④電話番号をご記入ください。