体調管理をサポートするシステム「SPIS」のご案内


SPISってなに?

SPISは、Supporting People to Improve Stability の略で、「エスピス」と読んでください。

これは、自分専用にカスタマイズできる日報システムです。
自分の特性に合わせてチェックする項目を決め、自分の毎日をモニタリングします。コメントを残しておくこともできるので、その日その日に気になったことや、詳しい自分の気持ちも書いておくことができます。

自分の毎日の状態を記録し、見直し、見てもらうためのシステムです。

なにに役立つの?

  • 調子がいいとき、悪いときを、目で見て確認していくことで、自己管理能力を育てます。
    長く安定して生活したり、働いていくには、自己管理(セルフ・コントロール)が不可欠です。
    毎日の調子のよい/悪いを記録し、それをグラフで見ることを通して、自分で自分の調子を意識する習慣がつきます。
    その習慣が、自己管理能力を育みます。
  • 自分の状態をわかりやすく人に伝えます。
    自分の状態を表したグラフやコメントを人に見せることができます。
    口ではうまく言えなかったり、すぐに忘れてしまうことも、きっちりと伝えることができます。

日報入力画面

screenshot-172.16.0.47 2015-09-29 15-54-40

関係のない人に見られる心配はありません

暗号化の技術などを使って、記録データは安全に守られます。知らない人や、関係のない人が、勝手にあなたのデータを覗き見することはありません。

お薬の記録機能があります!

SPISには、いつどんなお薬を飲んだかを記録することができます。
どのようなお薬を飲んでいるかは、服薬管理マスタに登録しておきます。

screenshot-172.16.0.47 2015-09-29 15-50-20

screenshot-172.16.0.47 2015-09-29 15-50-39

朝・昼・夕など服薬したタイミングをチェックします。頓服薬を服薬した場合のみ、どの薬をどれくらい飲んだのかを記録できます。

screenshot-172.16.0.47 2015-09-29 15-40-04

服薬の記録は、どんな薬をいつどれくらい飲んだのかという確認と、飲み過ぎていないかどうかのチェックに役立てます。

SPISの使い方については、こちらのページをご覧ください。SPISの使い方

詳しくはこちらをご覧ください。 SPISのホームページ(別ウィンドウが開きます)

SPISをご利用いただくには?

SPISをご利用いただくには、まずコンボの賛助会員になっていただく必要があります。

コンボの賛助会員になっていただき、コンボのホームページでログインをしていただくと、ログインした画面の下に「オプションサービスSPIS」が表示されますので、[SPISシステムへ]というボタンをクリックしてください。

screenshot-www.comhbo.net 2015-09-29 16-53-42

なお、SPISのご利用には、料金がかかります。ご利用料金は月額で600円、年額で6000円です。賛助会員の会費と一緒にお支払いください。

お支払い方法など、詳しくはコンボ事務局にお問合せください。