個人情報保護方針


特定非営利活動法人地域精神保健福祉機構(以下、「当法人」という)は、精神障害をもつ人たちが主体的に生きて行くことができる社会のしくみをつくるため、地域で活動するさまざまな人たちと連携し、科学的に根拠のあるサービスの普及に貢献することを使命としています。
私たちがめざす社会は、だれもが個性ある個人として尊重され、だれもが自己実現を果たすことが可能な社会の実現です。
私たちは、精神障害をもつ人たちに対する社会的偏見が、彼らの自立や自己実現を阻む重要な要因であり、個人情報こそ社会の中で最も尊重されるべき要素と考えております。
それゆえ、私たちは賛助会員をはじめ当法人に関わる方すべての個人情報について、適切に保護することを法人活動上の重要事項と認識して活動してきました。
また、今後の取り組みとして、個人情報保護に対する社会的注視の高まりを踏まえ、個人情報の取り扱いに対し、適正かつ適切な取り扱いに一層努力することを決意いたしました。
その第一歩として、以下の個人情報保護方針を定め、法人内外に明確に示した上でその遵守を全役職員が徹底していくことをここに表明いたします。

1.当法人は、事業の内容及び事業規模を考慮した個人情報の取得、利用及び提供を行い、利用目的の達成に必要な範囲を超えた目的外利用は行いません。また、そのための措置を講じます。
2.当法人は、個人情報の取り扱いに関する法令、国が定める指針、保健医療福祉分野のプライバシーマーク認定指針その他の規範を遵守するとともに、個人情報保護マネジメントシステムの要求事項(JISQ15001:2006)に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを構築し運用します。
3.当法人は、個人情報保護マネジメントシステムの運用により、個人情報の漏えい、滅失またはき損の防止および是正に努めます。万が一、漏えい、滅失またはき損が発生した場合は、被害を最小限にすべく緊急の対応を行うとともに、再発の予防に努めます。
4.当法人は、個人情報に関する苦情および相談の窓口を設け、周知します。
5.当法人は、個人情報を取り巻く環境の変化に合わせ、個人情報保護マネジメントシステムの継続的な改善、向上に努めます。

(平成27年9月17日制定)

認定NPO法人地域精神保健福祉機構
代表理事 大嶋巌

個人情報について

ご提供いただく個人情報の取扱いについて