境界性パーソナリティー障害とつきあう


〔「こころの元気+」の連載〕  →『こころの元気+』とは   →『こころの元気+(賛助会員)』の申込方法

境界性パーソナリティ障害とつきあう

著者:遊佐安一郎(ゆさやすいちろう):長谷川メンタルヘルス研究所

境界性パーソナリティー障害に対する弁証法的行動療法(DBT)についての連載です。

▽今までの連載の内容

2018年  9月号   (139号) ~
トラウマインフォームドケア

2018年  4月号   (134号) ~ 2018年  8月号   (138号) 第102回  ~ 第106回
支援する立場の人のできること(5) DBT(弁証法的行動療法)の支援の目的と日本での活用のヒント

2017年  10月号  (128号) ~ 2018年  3月号   (133号) 第96回  ~ 第101回
支援する立場の人のできること(4) 対人関係スキル

2017年  1月号   (119号) ~ 2017年  9月号   (127号) 第87回  ~ 第95回
支援する立場の人のできること(3) マインドフルネス

2015年  9月号   (103号) ~2016年  12月号  (118号) 第71回  ~ 第86回
支援する立場の人のできること(2) 感情調節スキル

2015年  6月号   (100号) ~ 2015年  8月号   (102号) 第68回  ~第70回
トラウマの脳と感情調節困難に関する最近の脳科学の進歩(番外編)

2015年  3月号   (97号)  ~2015年  5月号   (99号)  第65回  ~第67回
支援する立場の人のできること(2) 感情調節のためのスキル学習支援(その1)~(その3)

2014年  5月号   (87号)  ~ 2015年  2月号   (96号)  第55回  ~第64回
支援する立場の人のできること(1) 承認

2013年  6月号   (76号)  ~2014年  4月号   (86号)  第44回  ~第54回
BPDをもつご本人の体験  自分と家族と仕事とのバランスに向けてのCさん(その4)~(その14)

2012年  12月号  (70号)  ~2013年  5月号   (75号)  第38回  ~ 第43回
BPDをもつご本人の体験 ひきこもりから立ち直ろうとしているDさん(その1)

2012年  10月号  (68号)  ~2012年  11月号  (69号)  第36回  ~第37回
BPDをもつご本人の体験 自分と家族と仕事とのバランスに向けてのCさん(その2)と(その3)

2012年  8月号   (66号)  ~ 2012年  9月号   (67号)  第34回  ~第35回
ご家族の体験について

2012年  7月号   (65号)  第33回     号外 アメリカからの最新情報/「BPD認知月間」の国会決議

2012年  6月号   (64号)    第32回
BPDをもつご本人の体験 自分と家族と仕事とのバランスに向けてのCさん(その1)

2012年  4月号   (62号)  ~2012年  5月号   (63号)  第30回  ~ 第31回
BPDをもつご本人の体験 回復途上のBさんの経験

2012年  2月号   (60号)  ~2012年  3月号   (61号)  第28回  ~ 第29回
BPDをもつご本人の体験 Aさんの手記

2011年  11月号  (57号)  ~2012年  1月号   (59号)  第25回  ~ 第27回
BPDをもつ方の身近な人への支援(3)~(5)

2011年  10月号  (56号)     第24回
号外・弁証法的行動療法の創始者、マーシャ・リネハン博士について リネハン博士のカミングアウト

2011年  8月号   (54号)  ~2011年  9月号   (55号)  第22回  ~ 第23回
BPDをもつ方の身近な人への支援(1)~(2)

2011年  5月号   (51号)  ~      2011年  7月号   (53号)  第19回  ~第21回
BPDを持つ人の理解と援助Ⅱ スキーマ療法

2010年  11月号  (45号)  ~2011年  4月号   (50号)  第13回  ~ 第18回
BPDを持つ人の理解と援助Ⅰ 弁証法的行動療法(DBT)

2010年  5月号   (39号)  ~2010年  10月号  (44号)  第7回  ~ 第12回
どうして境界性パーソナリティ障害が起きるの?

2009年  12月号  (34号)  ~2010年  4月号   (38号)  第2回  ~第6回
境界性パーソナリティ障害(BPD)とは?

2009年  11月号  (33号) 第1回      連載を始めるにあたって