身体拘束に関するアンケート(2017年9月実施)


コンボでは2017年9月、身体拘束が本当に必要なのか、もし必要であるにしても必要以上に身体拘束がおこなわれている現状はないか、そうしたことを知るためのアンケートを実施いたしました。200人の方に、アンケートを通じて入院経験、そして隔離・拘束の経験について、ご回答いただきました。その集計結果を下記に掲載いたします。 皆さまのご協力に心よりお礼申し上げます。※一部、賛助会員限定公開となっています。 →賛助会員(さんじょかいいん)とは?

※精神科病院の入院については→2017年7月号「こころの元気+」特集 入院ですか?
※各新聞に掲載されました。
毎日新聞/2017年12月5日→コチラへ
朝日新聞/2017年11月26日→コチラへ

◆アンケートについて◆
〇アンケート実施期間: 2017/9/1(金) ~ 9/18(月・祝)
〇回答者数: 200人
〇対象: 精神疾患をもつ方 (入院の経験がない方含む)
〇募集: 「こころの元気+」読者および、コンボのメールマガジン、Facebook 、Twitter でよびかけ

◆アンケートの主旨◆
2017年5月に、ニュージーランド人青年が、神奈川県内の精神科病院で身体拘束された後に死亡したことが、世界に広く報道されました。コンボではこの報道をきっかけに、第44回こんぼ亭で「身体拘束」をテーマにとりあげ、あわせて、精神科病院(精神科のある病院)に入院経験のある人を対象に、隔離・拘束に関するアンケートを実施することにいたしました。

~ 200voices ~ 200voices ~ 200voices ~ 200voices ~ 200voices ~

 

【問1】 あなたは精神科病棟のある病院に入院したことがありますか。当てはまるものすべてにチェックしてください。(複数回答可)

〇入院したことがある方: 170人
〇入院したことがない方: 26人
〇記入なし: 4人

 

【問2】 入院をしたことがある方にお伺いします。何回くらい精神科病棟のある病院に入院したことがありますか。 ※入院したことがある170人の方への質問。

【問3】 精神科の入院中に保護室に入った経験はありますか。 → こちらから

 

【問4】 精神科病院に入院中に身体拘束(しんたいこうそく)を受けたことはありますか。 → こちらから

 

【問5】 精神科医療における隔離や身体拘束のご体験で、特につらく感じたこと、社会に知って欲しい事実などがあれば、自由にご記入ください。 → こちらから  

【問6】 日本の精神科医療における隔離や身体拘束のあり方について、改善して欲しいこと、思いなどがあれば、自由にご記入ください。 → こちらから  

【問7】 あなたの性別をお教えください。

【問8】 あなたの年齢をお教えください。

【問9】 最後に身体拘束をされた経験をしたのは何歳のときでしたか。