IPS概要


IPS(個別就労支援プログラム)
Individual Placement and Support

本人に「働きたい」という希望があれば一般の職に就ける, という強い信念に基づいてサービスを提供する就労支援モデルです。
1990年代前半にアメリカで開発されました. ケアマネジメントの手法を用いて実践され, 本人の好みや長所に注目した求職活動と同伴的な支援を継続します。
IPSでは, 就労は治療的効果があり, ノーマライゼーションをもたらすと考えられています。

基本原則として, 以下のようなことが挙げられます。

  • 症状が重いことを理由に就労支援の対象外としない。
  • 就労支援の専門家と医療保健の専門家でチームを作ると。
  • 職探しは,本人の興味や好みに基づく。
  • 保護的就労ではなく,一般就労をゴールとする。
  • 生活保護や障害年金などの経済的な相談に関するサーヒスを提供する。
  • 働きたいと本人が希望したら,迅速に就労支援サービスを提供する。
  • 職業後のサポートは継続的に行う。