家族のストーリー原稿 原稿送信用(常時募集しています)


「こころの元気+」に連載をしている「家族のストーリー」(49頁か51頁あたり)の原稿を募集しています。以下の要綱にてご執筆いただける方はぜひお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お書きいただきたい方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご家族の立場の方(親の立場、きょうだいの立場、配偶者の立場の人)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お書きいただきたい内容】つらかった時期~そして元気になるまで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【連載の趣旨】 精神疾患を持つ本人の家族(特に両親)は、「子どもがつらい思いをしているのに、自分自身が楽しんだり元気になってはいけない」と思いがちです。また、長年の間にわたり、できあがったお互いの関係性は、お互いの自立を阻む関係になりがちです。家族が元気をなくすことで、本人は「自分のことが原因で家族が元気になれない」という罪悪感のような気持ちを強めてしまい、お互いに元気になれないといいます。
このコーナーは、「家族が元気になることで、本人も元気になる」ということを伝えるために、家族がどんなふうに元気になっていったのか、という家族のストーリーを紹介したいと思います。

【具体的な内容】私はこんなふうに元気になっていきました
 ――つらい時期の心境
 ――どんなふうにして元気になっていったのか
 ――どんなふうにして、趣味の時間を持ったり友人と会うなど、楽しむことができるようになっていったのか
 ――家族の雰囲気がどんなふうに変わっていったのか
そのようなことをお書きください。

●文字数  800文字程度
●原稿料  3000円
原稿の投稿は下記にご記入の上、送信ボタンを押してください。

「家族のストーリー」に掲載する原稿を750文字以上800文字以下でお書きください。記入欄の下にカウンターがあるので、ご参照ください。
  
  0

ご執筆、ご記入いただきまして、ありがとうございました。この下の送信ボタンを押していただくと、コンボの編集担当者に届きます。