一歩を踏み出す勇気がない

Q 私は35歳の女性です。5年前にうつ病で退職をして、今は仕事をしていません。普段は近所の地域生活支援センターに通っていて、生活のリズムも整い、体調もそんなに悪くありません。  発病する前の私は、仕事をしているときに手抜きができず、自分が満足ができるような完璧さを求めるタイプでした。でも、ちょっとした仕事の失敗のショックがきっかけで、うつ病になってしまいました。  そんな私が今悩んでいることは、何にも挑戦ができなくなってしまったことです。失敗することや挫折することへのものすごく強い恐怖感があるのです。この相談の手紙を書くことすら、1年くらい迷いながら投稿をしました。ちょっとした一歩を踏み出すことができないのです。だから、毎日、単調な同じことのくり返しで、何も変化のない生活が続いています。  先日、メガネを買い換えようと思いました。今までと同じようなデザインのメガネを買おうとしたところ、横にいた友人が「違うデザインにしなよ」と言ってくれたのですが、私にはそんなチャレンジができませんでした。  家に帰ってから、私はそんなちょっとしたチャレンジすら怖がっていることに気がついて、愕然としてしまいました。バリバリと仕事をしていたときは、チャレンジの毎日でした。何も起こらない人生から、ほんの少しでも抜け出てみたいという願望が心の底にあります。どうしたらよいでしょうか。

A 1回限定のものから/新垣静香さん(埼玉県)

 お気持ちとてもよく理解できます。私も同じ経験、同じ病気をしました。もしかしたら仕事に対する姿勢も似ているかもしれません。うつ病は寛解しましたが、私もメガネのデザインや髪型は10年以上変えていません(笑)。  メガネや髪型は、変えるとしばらく続くものだから、今までと違う型にすることはとても勇気のいることだと思います。似合わないからすぐ交換…って、簡単にいかないですものね。なので、一歩を踏み出すという意味では、こうしてあなたが投稿したことも、とても勇気あってのことだと思うので、そんな自分を認めて、ほめてあげてください。

続きを閲覧するにはログインが必要です。→ ログインボタンからログインしてください。