暴力的な父親の介護と私の自立について

Q 私は、躁うつ病、解離性障害をもつ43歳の女性です。私は、小さい頃から父親の暴力におびえていました。「働いて、車の免許をとれば父もやさしくなるのかな?」と思いましたが、少しでも口答えすると、父は「逆らうな」と私をどなるし、けっとばします。  そんな、私に暴力をふるってばかりいた父も、10年ほど前から心臓の病気で働けなくなりました。また、叔父(父の弟)が亡くなって、笑顔が少なくなり、ずっと寝てばかりいるため、生活習慣病になってしまいました。  一緒に住む者として父を心配し、病院に連れて行っても、納得いく治療を受けられないと私にやつあたりします。食事のときに普通のコミュニケーションのつもりで「塩かけすぎ」と言っても、「うるせえ!」と逆切れされてしまいます。もう、家の中がまるでハチの巣をつついたような状態です。  父親といると具合が悪くなってしまうので、私は母親に「疲れた。家を出たい」と、しばしば話します。父親は、デイサービスも、ケアマネージャーも大きらいです。これから父に介護が必要になったら、誰に頼ればよいのでしょうか。  そして、私はこのまま自立をしてよいのか迷っています。

A その気になれば/華月さん(静岡県)

 こんにちは。私も相談者さんと同じく独身の43歳の女性です。  私も、今現在は両親と3人で暮らしていますが、いずれひとり暮らしをと思っています。  ご相談者さんは、小さい頃から父親との関係でつらい思いをたくさんされてこられたのですね。それでも現在も父親に気をつかい続けられている、立派なことだと思います。  私は、相談者さんも、もう自立した生活をしてもいいのではないかと思います。相談者さんの病気のためにも、もう少し自由な環境で生活したほうがいいように思いますし、お父さんも、もっとまわりを見るべきではないかと思います。  一読させていただいた限りでは、お父さんはわがままを言って甘えているように思えます。その気になれば、ホームヘルプサービスなど利用できるサービスはいくつもあると思います。  人間は、歳をとると、どんどん頑固になっていきます。荒療治をするのは早いほうがいいと思います。

続きを閲覧するにはログインが必要です。→ ログインボタンからログインしてください。