バイクや車を運転してよいのか悩みます

Q 私は、二九歳の女性で、統合失調症と闘っています。バイクが好きで、高校生のときからずっとバイクと一緒です。病気になってからは、大型のバイクは手放して、車検に出さなくていい250CCのバイクに乗っています。夫も統合失調症で、バイクよりも車好きです。私もときどき夫の車を運転します。私の悩みは、病気の私がバイクや車を運転していいのだろうかということです。  私の担当医は「症状が安定しているからだいじょうぶだろうが、調子が悪いときは乗らないように。でもあくまでも自己責任です」と言います。夫も「安全運転を心がけていれば、乱暴な若造たちより安心だ」と言います。  でも、自分では症状が安定していると思っていたり、安全運転をしているつもりでも、問題が起こるのではないか、という不安が常につきまとっているのです。病気には波があるので、運転をしているときに、体調が悪くなったり、不安感におそわれたりして、事故を起こしてしまうのではないか――そんなことを考えながら乗るだけでもよくないだろうなあ、と思いつつも今日もバイクに乗っています。  薬の副作用としては、手が震えたりすることはありませんが、ときどき眠くなります。ただバイクに乗っているときは不思議と今のところ眠くなることはありませんでした。車やバイクを運転している他の皆さんやお医者さんの意見を聞きたいです。よろしくお願いいたします。

A 運転をやめなくてよかった/ハイジさん(東京都)

 私は五一歳の全般性不安障碍の女性です。病気になって九年余りが経ちますが、通院・買い物などで、ほぼ毎日車の運転をしています。それはもう運転することが生活の一部になっていて、エンジンをかけたときに不安を感じたり、運転中にドキドキしたりはありません。ただ、持病の喘息で体調がよくなかったり、悪天候で運転に自信がないときには、自分でも不安がわかるため運転を見合わせています。  そんな私ではありますが、五年ほど前に仕事中に事故を起こしたことがありました。それは右折しようとした私の不注意によるものでした。私は今までずっと無事故・無違反でしたので、この初めての事故に相当なショックを受けて、車が恐くて乗れなくなり、二日間仕事を休んでいました。そのとき、心療内科の先生が「もしもここで乗るのをやめてしまったら、恐さだけが残り、もう運転ができなくなってしまうから、明日から運転して仕事に行ってみてね。だいじょうぶだから」と背中をそっと押してくださいました。私は勇気を出してその翌日から今までと同様、車の運転を再開し、現在に至ります。

続きを閲覧するにはログインが必要です。→ ログインボタンからログインしてください。