居場所がなく暇です

Q 僕は統合失調症の二七歳男性です。病気になって、二年前に会社を辞めました。今は特に何もすることがなくて、ぶらぶらしています。通院をしている病院のデイケアには週に三日、そんなに楽しいわけではないのですが回復のためだと思って通っています。  僕の悩みは、毎日毎日何もすることがなく、人に会うこともなく、刺激も変化もなく、この単調な生活がかえってストレスになっていることです。デイケアのない日は、近くの公園でぼんやりと過ごしています。つまらないけど、居場所がないからそこにいるだけです。僕は、昔ドライブが大好きでした。でも、今はこわくて運転もできません。運転していると、不安感がおしよせてくるのです。  他に趣味もないし、人と会う機会もデイケア以外はないし、本当にどうやって過ごしてよいのかわかりません。ものすごい田舎なのに、車に乗れなくなってから移動にも苦労しています。皆さんは、いったいどうやって毎日の生活をおくっているのでしょうか。自分の居場所をどうやって見つけたらよいのでしょうか。みなさんのアドバイスがいただきたいです。よろしくお願いします。

A 図書館通いは?/まおさん(大阪府)

 居場所がないということは、昔私が統合失調症で入院した後に長い間感じた気持ちです。実にあの感覚は、宙ぶらりんのロープに結わえつけられているような頼りない気持ちになり、つい刹那的な快楽で忘れてしまいたくなったり、暴力でもふるえばスカっとするのかと思ってしまいがちです。また、病気で仕事をしていないためお金の自由も利かないので、お金を使わない場所を求めてさまよい歩くことになります。一番手っ取り早いのは遊びをメインとするサークルに参加してお互いに性の合う人を見つけることなのでしょう。しかしこう考えられはしませんか?  たまたま人生で長い休暇を持てたので、飽きるほど図書館で本を読んでみるとか、調べ物をして何か書き物をしてみて、仕上がったものを誰かに読んでもらい、意見を聞いて手直ししてどこかの文学賞にでも投稿する。ある意味、そういうことをしているうちに居場所ができてしまうかもしれません。図書館は、利用料などはかかりません。日中過ごすお昼ご飯とちょっとした飲み物さえあればいいんです。

続きを閲覧するにはログインが必要です。→ ログインボタンからログインしてください。