姿勢が悪いのが気になります

Q 私は、二三歳の女性です。私の悩みは姿勢が悪いことです。ぜんぜん自分では気がついていませんでした。先日、成人式の写真を撮りました。二〇歳のときには入院していて、成人式に出ることができなくて、とても悲しかったので、せめて写真だけでも撮ろうと思ったのです。それで、着物を借りて、写真館で写真を撮ってもらいました。そのときに、「もっと背筋をのばして」と何度も言われました。撮り終わった後で、「若いのに姿勢がよくないね。姿勢が悪いと不健康に見えるよ」と写真屋のおじさんに言われました。それから姿勢のことが気になるようになりました。  そんなとき、私が通っている施設に行ったときに、そこにいる仲間たちを見てビックリしてしまいました。年齢に関係なく、三分の二くらいの人たちが、猫背のように、少し前かがみの「悪い姿勢」なのです。  施設の職員さんに聞いてみると、薬の副作用で、「少し前かがみになって小刻みに歩く」ようになってしまうことがあるけど、それとは違うようです。職員さんたちも、なんとなく気にはなっていたけど、理由はわからないと言います。  仲間たちと、その理由を話し合ってみました。「もしかしたら、いろいろなことへの自信のなさが姿勢に現れるんだろうか」、「病気の症状なのかもしれないね」といろいろな意見が出ましたが、結論は出ませんでした。それからみんなで、姿勢を意識するようにしていますが、長年身についた習性であるためか、なかなか治りません。皆さんのなかで、姿勢のことでお悩みの方はいませんか。何か姿勢をよくするためのコツを知っていればお教えください。よろしくお願いいたします。

A ジムでストレッチ/りんごさん(東京都)

 私は、統合失調症で療養中の看護師です。私の場合は、統合失調症を発病する前から姿勢が悪いです。三歳頃にすでに姿勢が悪くて、「日本舞踊を習えばよくなるのでは?」と母の考えでお稽古に通っていました。自分では姿勢が悪いとは感じていなかったのですが、発表会の写真を見ると、私の姿勢がお教室のお友達よりも悪かったです。  病院に就職してからも姿勢が悪く、主任から「背筋を伸ばしなさい」と注意されていましたが治りませんでした。転職して、デスクワークをしていたときは、パソコン操作の際、前かがみになってしまい、これではいけないなと自覚していましたが治りませんでした。病気と姿勢との関連ですが、病気によっては前かがみの姿勢になる病気もありますが、心の病気には直接関連していないように思います。しかし、質問者さんの文面にあるように、自信のなさが影響していることもあるかもしれません。

続きを閲覧するにはログインが必要です。→ ログインボタンからログインしてください。