生き方を変えるべきでしょうか?

Q うつ病からずいぶんと回復してきた三五歳の男性です。私は、小さな建設会社で住宅販売の営業の仕事をしていました。仕事の悩みから四年前にうつ病になり、会社をやめました。かなり状態が悪かったときには、半年くらい入院をしていた時期もあります。本当に薄皮をはぐように、徐々に回復をしてきた感じがします。この四年間、私の生活を支えてくれたのは妻でした。病気になる前は、それなりの収入があったので、小さなマンションで暮らしていました。でも、病気後は、妻がパートで働き、貯金を食いつぶしながら、安いアパートでなんとか生活をしてきました。  だんだん回復をしてきた今、すごく悩んでいるのは、回復後にどんな生き方をするべきなのか、ということです。私を雇っていてくれた会社は、「回復したらもどってきてほしい」と言ってくれています。でも妻は、「きっと病気がぶり返すに違いないから、営業の仕事はやめてほしい」と泣きます。でも、私は営業の仕事しかしたことがないし、家を売ることしか知りません。フィナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーの資格は持っていますが、それをいかす仕事をすれば、また同じことのくり返しだと妻は言うのです。今どき仕事を探すのもたいへんだし、営業もダメなら、生活費はどうしたらよいのか――八方ふさがりな気持ちです。他の人はどうしているのか知りたいです。

A がんばりすぎない生き方/あゆむさん(石川県)

 病気になる前と病気になったあと、一体どんな生き方をしていくのが私たちには合っているのでしょうか?自分一人ひとりの性格や価値観の持ち方、考え方については違うのと同じように、病気だからどんな生き方がよいと一方的には言えないような気がします。私の経験から言いますと、私が病気になる前と病気になった後では、一八〇度とは言いませんが、少し生き方が変ったような気がします。  まず、私はもともと勉強や習い事をがんばるような生き方をしたので、どんな困難があっても乗り越えてがんばって、その結果プレッシャーに負けて病気になりました。病気になった後では、主治医からは目の前のことをこつこつとやればいいと言われています。がんばることを少しだけやめると気が楽になりました。質問者の方も、病気の前のような生活を望むのはそれは誰でも考えることだと思えますが、決してがんばりすぎない生き方をおすすめます。  いきなり前と同じ仕事を始めることよりも、もう少しご自分が苦痛にならないような、簡単な作業からできるお仕事から始めてみるのもどうでしょうか?

A 自分の思いを確認する/Fさん(広島県)

 私は今、休職中です。一度復職しましたが、二年あまりで再発し、再休職中です。それ以来、どうしたら再発しないようにできるのかを考えています。そのことが、お役に立つかもしれません。今、思い返すと、私は復職をめざした時点で、本当の問題に気づいていなかったのだと思います。私にあったのは、夫として家計を支えなければならない、休職中にお世話になったまわりの方々へ恩返しをしなければならないという想いでした。それを、自分の想いと勘違いしていたと思います。その想いは強く、復職を果たしましたが、長続きしませんでした。  その後、問題は職場ではなく、自分自身にあることに気づきました。自分自身の想いが、なかったと思うのです。それがないと、

続きを閲覧するにはログインが必要です。→ ログインボタンからログインしてください。