震災後、不安で仕方がありません

Q 私は、沖縄に住んでいるデイケアに通っている二八歳の女性です。三月に起きた東日本大震災には、大きな衝撃を受けました。テレビやメールで、毎日のように被災地の情報に接しているうちに、私自身も本当に疲れきってしまいました。見なければよいのですが、これだけ情報が伝わってくると、そうもいきません。そうしたなかで、不安が積み重なって、体調をくずしてしまいました。幸い、二日休んだだけで、ある程度復調はしました。普段通りの生活をしたほうがいい、と多くの人が言っています。楽しむときには楽しみましょう、という意見もよく聞きますが、私には楽しむことができません。そんな気になれないのです。予定していた遊びの約束も全部キャンセルしたし、お買い物もする気になりません。  いつまでこんな気持ちなのでしょうか。気のせいか、震災以降、私のまわりには、人間関係のトラブルが続発しています。不安やストレスがいろいろなひずみをもたらしているのではないかと感じてしまいます。私は被災地から遠く離れている所に住んでいますが、私だけでなく、多くの友人・知人たちが漠然とした不安のなかで生活しています。皆さんはどのようなお気持ちで、どのようにお過ごしなのでしょうか。また、何か気持ちを切り替えたりすることはできるのでしょうか。皆さんのお気持ちが知りたいです。

続きを閲覧するにはログインが必要です。→ ログインボタンからログインしてください。