食生活が不安です

Q 私は一人暮らしをしている四二歳の男性です。二三年間同じアパートにずっと暮らしています。最近、自分の食生活のことがとても気になっています。朝昼晩の食事を書き並べてみると、カップラーメンか、カップ焼きそばが中心で、あとはスーパーの賞味期限切れ直前の安売り弁当(揚げ物が中心)が主食です。お腹がすくと、スナック菓子を食べたりしています。 包丁や刃物を見ると、不安感・恐怖感が出てくるため、自分で料理をつくったことは一度もありません。 去年からクリニックのデイケアに参加するようになり、そこで昼食が食べられるようになりました。デイケアなので、昼食も自立支援医療費が利用できるため自己負担は軽減されて、本当に助かっています。ようやく昼食だけは、きちんとしたものが食べられるようになりました。 でも、ナイトはやっていないので、夜は相変わらずカップラーメンが中心です。「そんな食生活をしていたら死んでしまう」と栄養士さんに言われ、クリニックで血液検査をしたところ、高脂血症、高血圧、肝機能障害の疑いなど、内臓はかなりまずい状態でした。 そこで、皆さんにお聞きしたいのですが、できるだけお金をかけないで、食生活を健康的なものにするためには、どうしたらよいでしょうか。皆さんのお知恵を拝借したいので、よろしくお願いいたします。

A 一〇〇円均一食品を利用/望月裕子さん(山梨県)

私も、アパートで一人で暮らしをしています。もともと料理は好きなのですが、男性の方で自炊をする場合、包丁が使えなくても工夫はできると思います。便利なのはカットわかめで、一〇〇円均一で売っています。カップラーメンにお湯を注いで、入れるだけでOKですよ。増えるので、量を控え目にします。インスタント味噌汁に入れるだけでもいいと思います。海藻は採った方がいいですよ。豆腐もいいです。冷ややっこでも、冬は湯豆腐にします。切ることができないなら、小さめの豆腐が三個百円で売っている店もあります。 納豆や焼き魚も採った方がいいですよ。魚なら焼くだけで、手間もかかりません。モズクやめかぶなども三個パックで一〇〇円ぐらいです。わからなかったら、店員さんに聞くといいですよ。あとは、千切りキャベツなどを一パック一〇〇円で売っているので、ドレッシングやソースでOKです。そういう一品を加えるだけでもいいと思います。 そして、安上がりにするには、

続きを閲覧するにはログインが必要です。→ ログインボタンからログインしてください。